お肌がカサカサしていると脱毛施術の光照射が行えない

私の場合は春くらいから脱毛をするようになり2ヶ月に1回来店するようになりました。今までは自己処理をしてたのですがやはりすぐさま伸びてきて処理頻度が多くて面倒臭くなって、肌荒れも見られるようになりかみそりケアが原因らしく少し無駄毛のお手入れについて何とかしないとって思い、脱毛の施術をお願いする事にしました。

その後、春くらいから通い始めて順調に脱毛してもらっていたのですが、夏が終わって気温が下がってきて空気が乾燥してくる頃にあたしのウデが乾ききってしまいカサカサになっていてこの状態のままいつもの感じでケアをやりに来店したらこの状態では脱毛が不可能だったのです。お肌がカサカサしていると脱毛施術の光照射が行えない、肌トラブルの元になるしきちんと脱毛施術の効き目があらわれないと言われ、そこからは美容脱毛の為に処理を施す肌の潤いケアをちゃんとするようになって、ボディミルクを日々つけるようになりました。そうしたことによりむだ毛が抜けていき肌がきれいになってそしてうるおいも保たれてピカピカになったりして乾燥肌対策だけでとってもツルピカになりました。

自分は、親の遺伝なのか、体の毛が濃くて、中学時代から段々毛深いのを気にするようになりました。そんな頃といったら、見た目を気にする年頃だと思います。そういう時期とダブってしまい、むだ毛がたくさん生えているのがとても恥ずかしくて、嫌だったのを覚えています。

最初の段階では、気にしてはいたものの我慢するようにしていましたが、高校生になったので、カミソリを使い自己処理を始めるようになりました。ですが、塾や部活などで時間を作ることが出来ず、毎日のようにお手入れする事はなかなか難しく。剃刀負けからの肌荒れもあったため、間をあけてしかムダ毛処理ができなかったのです。

大学に入ったころは、周りが一気におしゃれになる中、私は無駄毛が気になり、剃るだけではなく、毛抜きを使い処理をするようになりました。。毛抜を使って抜いて処理をするのは非常に時間がかかるのですが、カミソリ負けはなく、きれいになるので気持ちよかったです。

だけど、そんな事を繰り返していると、ムダ毛が埋もれた状態で伸びてしまい、肌に黒いポツポツが出来てしまいました。それを穿り返すと、肌が荒れてしまいます。ですので、お小遣いを貯金して、評判のいいサロンに、勇気を出して行ってみました。
6ヶ月ほど通うと意外とムダ毛が減ってきて、終わる少し前にはムダ毛が生えてくる事はなくなりました。自己処理の必要がななくなり、お肌もきれいになりました!学生だったけど、貯金して脱毛に踏み切って良かったなあと感じています。

あたしは以前から結構むだ毛が太く多いタイプで、とくにスネ毛と脇毛が酷いです。始末もせずに生やした状態でいると、ちょっとムダ毛の薄い男性くらいの毛並になってしまいます。それがつらくって、他人の前でお肌を晒すのがすごく小恥ずかしいので夏場はビキニも着けれなくて思いっきり夏遊びを満喫できないんです。

脱毛エステサロンで脱毛するほどお金に余裕があるわけではないので、むだ毛ケアは主に女性用かみそりか除毛クリームを愛用しています。女性用かみそりはお風呂場で簡単に対処出来るので良いのですが、あくる日には早々にも成長してきているのでうんざりしちゃいます。周りの人の脚を観察すると、みんなボツボツしておらず、ツルツルで妬ましいくらいです。

今では、毛深くならないよう、女性ホルモンの働きをサポートするために豆腐や納豆を積極的に口にしています。これでホントにいい結果につながるのか疑わしいですが、短期間で効果が出るとは思っていないので、ゆっくりとやり続けようと思います。稼ぎまくったら、サロンにも足を運びたいです。

参考:ミュゼ 京都マルイ
URL:http://www.ottrainingsolutions.biz/